• ホーム
  • プロペシアでAGAを食い止めろ!

プロペシアでAGAを食い止めろ!

鏡を見ている男性

プロペシアは脱毛を抑える薬で、特にAGAの治療薬として用います。AGAは大人になってから全側頭部の髪の生え際や頭頂部を中心に薄くなっていく男性特有の脱毛症ですが、有効成分としてフィナステリドを配合していて効果的にヘアサイクルを整えます。主な原因はジヒドロテストステロンと言われる男性ホルモンの一つが、毛髪の成長妨げヘアサイクルを乱すと考えられています。この物質が影響し産毛が生えて、太く長くコシがある髪の毛に成長する前に抜け落ちてしまうので、ヘアサイクルが乱れていることにもつながります。

この治療薬は内服薬ですが、脱毛の原因物質の産生を抑えるので脱毛を効果的に防ぐことができます。特に軽度から中度あたりの薄毛の人を対象として、1年間試したところ半数以上の人が改善効果を認めたということになります。年齢は50歳代以上よりも、30?40代の若い人の方が早く効果が出るのでヘアサイクルを整える効果を実感することができます。有効成分であるフィナステリドを配合するプロペシアは、この作用面から男性ホルモンであるテストステロンを、ジヒドロテストステロンに変える酵素の働きを阻害しながら弱めていきます。

脱毛の主要原因でもあるジヒドロテストステロンが減少することにより、その結果ヘアサイクルを整えるので細くて短くなっている毛髪が、長くて太い硬毛に変化していくことがわかります。プロペシアはヘアサイクルの乱れに効果を発揮しますが、通販でも購入することができさらに安いので利用しやすいです。例を挙げますと病院で受診しプロペシアを処方してもらうと7,000円ほどかかり、さらにヘアサイクルに合わせて3ヶ月分処方してもらうと、薬代だけでも21,000円ほどになります。ここに診察料・検査料が加わり結果的に総額で、30,000円は想定しておく必要があります。

これを通販で購入するとなれば、プロペシアを3ヶ月分まとめて処方してもらっても、12,000円から20,000円と、安い値段に抑えることができます。診察料や検査料もかかりませんし、まとめて購入した場合、ほとんどの通販サイトでは送料を負担してくれます。プロペシアの有効成分でもあるフィナステリドは成分として認められていて、医師の管理のもとで薄毛治療薬として認知度があり安心感もあります。また薄毛の進行に対しての抑制効果も信頼できますし、内服薬なので周囲に対して薄毛の治療をしていることも気がつかれにくいです。効果が出るまで継続して使うことや、副作用について熟知した上で服用します。

女性は服用できないので、他の内服薬を処方してもらいます。脱毛を阻害している薬剤で、発毛を期待することはできないことは認知されています。本来この薬は前立腺癌の治療薬として活用されていた経緯があり、治療をしている家庭で脱毛を抑制する効果が発見されました。服用した人の体毛が濃くなるという報告が寄せられたので、そこからAGAの治療薬へと幅が広がっています。テストステロンの還元酵素によって、ジヒドロステロンへの変換を行い、&ロゲン受容体への働きかけを解明する手がかりともなります。

この薬は特にテストステロンの還元を抑制するので、その効果は前立腺癌治療でも証明されていますが効果はそこまであるとされます。ある程度の症状が伴うとAGA患者には、脱毛を阻害するだけでは薄毛に十分な効果がないという意見もあります。しかしプロペシアで脱毛を抑制することによって、発毛の治療を同時に受けるスタイルを取れば効果的です。プロペシアは、せっかく生えている毛をどんな産毛のような毛であっても抜け毛にならないように阻害することができます。