• ホーム
  • 育毛剤の効果が期待できる症状

育毛剤の効果が期待できる症状

脱毛に悩む男性

育毛剤は発毛効果はないですが今はえている毛ボリュームアップさせる効果が期待でき、抜け毛の予防もできます。発毛剤の効果が血行を促進させながら細胞に栄養を行き渡らせて、発毛を促進することで、毛を作り出す場所を根本的に活性化させます。これにより新しい毛の生成を促しますので、脱毛箇所に新しく髪の毛が誕生することを期待します。

育毛剤の効果は発毛剤とは違い、発毛効果では効かないのですが、別な効き目が期待できます。それは、頭皮を清潔に保ちながら、毛が育ちやすい頭皮環境を整えて行き、薄毛の原因物質の生成を防ぐ効果があります。生え際が後退していくことも防ぎ、コシのある太い髪の毛を作って行きます。これにより抜け毛を防ぎますが、新たな毛を生やす発毛効果はないです。特に生え際の髪の毛は後退しやすい部分で、見た目でも薄くなっていく様子がよくわかります。すでに髪の毛が抜け落ちてしまった場合には、育毛剤は効かないことになりますが、それは、発毛剤を使い産毛のような毛が生えてきてから使うことができます。

育毛剤にはさらに目的や症状別に分けてタイプが異なってきますが、男性ホルモンを抑制し頭皮の血行を促進するものがあります。頭皮や毛根へ栄養を補給したり、頭皮の皮脂抑制・老廃物を除去するタイプもあり、コシのある太い毛を作り上げ薄毛を予防します。違うタイプのものを同時に使うことで、それぞれの良いところが影響して相乗効果を期待することができます。

多くのものに含まれている抹消血管拡張剤と言われる成分は、頭皮の毛細血管を拡張して血流量を増加させていきます。毛乳頭へ栄養補給を効率的に行うことができますし、育毛も促進されて髪の毛にボリュームが出てきます。例外としてこれらの効果を一気に台無しにしてしまうのは喫煙で、タバコの成分が抹消血管の血流を悪くさせます。育毛剤を使いながら髪の毛にボリュームをもたせたいという時は、禁煙をすることは必須で皮脂分泌を活発にさせるような脂っぽい食事は控えめにします。日々使うシャンプーも頭皮に刺激がなく優しいタイプで洗えば、相乗効果で育毛しやすくなります。

効果のある製品を使うのであれば、できる限り有効に使って理想のヘア環境にしたいですが、そのためには正しい使い方もマスターしておく必要があります。髪の毛のボリュームは年齢とともにダウンしてきますが、これが気になる時は育毛剤を使用しながら今存在している毛を大切にすることが基本です。髪のボリュームダウンは抜け毛が多くなることで発生しますが、これらは加齢によって起こる老化現象でもあります。

シャンプーの成分が頭皮に合わなかったり、ストレスや偏った食事、睡眠不足なども原因になっています。頭皮の皮脂よごれも毛根が皮脂で詰まるので、十分な栄養が浸透できなくなります。これにより抜け毛が多くなることもあるので、抜ける毛を食い止める必要があります。皮脂よごれが原因になっていたり、男性ホルモンの関係で薄毛になっている人もいます。これにより毛が抜けていく原因は人によってそれぞれ違うことが言えますし、育毛効果が現れることも個人差があります。予防として使用するものですが、これにより挫折してしまう人も多いです。育毛や発毛の効果は、即効性があるわけではないので使い続けることが大切になります。

効き目が現れ始めても停滞期や、さらに抜け毛が増えたような気がする時期も出てきます。自分には効き目がないと使用をやめてしまうケースもあり、今まで行っていた頭皮のケアを全て中断してしまうケースもあります。これによりますます症状が悪化することもあり、今までの努力も水の泡となります。育毛剤を使用する人は停滞期や効き目の波があることを知った上で、予防として使い始めることが理想です。